撮影ブログ

毎日触れていたい micの革財布

micの革財布をレビュー

毎日手に触れる財布。

様々な材質の財布がありますが、私は手に馴染む革製が大好きです。

今まで使っていた革財布がボロボロになったので新しい物を探していましたが、なかなか気に入った物が見つからないでいました。

群馬で探すのは難しいので、札幌に行った時にでも探そうと考えていましたが、

たまたま東京へ出かけた妻がステキな革財布を見つけ、プレゼントしてくれました。

永く使えるmicの革財布

micの革財布をレビュー

妻がプレゼントしてくれた紙袋には見たことのない『mic』の文字。

『mic』?「聞いた事ないなー何の略なんだろう、何のお店?」って思いました。

micの革財布をレビュー

オシャレな紙袋を開けると中からさらにオシャレな袋が!

さすが東京!

オシャレには手を抜きませんね。

micの革財布をレビュー

布袋には「SINCE1978」。

『mic』は、私よりも古い創業の革製品のお店のようですね。

micの革財布をレビュー

布袋のボタンを外すと文字の印刷まであります。

革製品で喜びと幸福に満たされる物って何でしょうか?

私は革が大好きなので、革ってだけでウキウキです。

micの革財布をレビュー

袋から箱を出す時って、とってもワクワクしますよね。

micの革財布をレビュー

出てきましたよ。

さて、中を見てみましょう。

micの革財布をレビュー

箱の中には、綺麗な緑色の長財布です。

表面が優しい質感になっており、製造メーカーが気になります。

布袋のHPアドレスから『mic』のHPを覗いてみました。

『mic』は[Mastary & imaginaitive Craftmanship]の頭文字。

使いやすく、長く使える製品を作っているんですね。

micの革財布をレビュー

箱の中には「アフターサービス 修理カード」

micの革財布をレビュー

長く使用するにつれて製品が痛むのは当然です。

その痛んだ時の修理手続きが載っています。

つまり、「痛んでも修理して永く使用して欲しい」という『mic』の思いです。

修理にかかる目安金額も記載があります。

革製品なので使えば使うほど味の出る財布になると思うので、

修理も利用して長く使用したと思います。

micの革財布をレビュー

財布は手に持つとこんな感じの色味です。

micの革財布をレビュー

縫い目はこんな感じ。

micの革財布をレビュー

横からはこんな感じ。

手に持ちやすい厚みです。

micの革財布をレビュー

カードポケットは少なめです。

まだ新品なので革が硬く、カードは入れづらいですが、使い込めば軟らかくなるので問題ありません。

micの革財布をレビュー

ファスナーはこんな感じ。

軟らかい色味と革の質感が相性抜群です。

micの革財布をレビュー

お札入れはこんな感じです。

内側の革より、さらに軟らかい質感になっています。

micの革財布をレビュー

たまたま、前の財布にピン札の旧千円札が入っていました。

久しぶりに見ました。

お釣りで受け取ったのだと思いますが、なんだか使うのは勿体無い気がします。

新品財布への第一号はこのお札に決めました。

micの革財布をレビュー

『mic革財布in夏目漱石』

これから大切に使って味のある財布に育てていきたいと思います。

終わりに

micの革財布をレビュー

革財布をお探しの方におススメの『micの革財布』でした。

興味ある方は『micのHP』を覗いてみて下さい。