撮影ブログ

フォクトレンダーノクトン58mmf1.4【撮影を味わうレンズ】作例多数

撮影が楽しめるレンズを探しているあなたへ

「最近マンネリ気味で撮影が楽しくない。お気に入りのレンズを見つけたい。他人とは違うレンズを楽しみたい。一生を共に過ごせるレンズに出会いたい。」

そんなあなたに、1本のレンズが持つ魅力をお見せします。

  • フォクトレンダーノクトン58mmF1.4【撮影を味わうレンズ

この記事を書いている私は、写真を10年以上続けています。超広から望遠まで幅広いレンズを所有しており、もちろん写真コンテストの受賞歴もあります。そんな私がカメラから外せないほど気に入っているレンズが、フォクトレンダーノクトン58mmF1.4です。

今回は、フォクトレンダーノクトン58mmF1.4の魅力を作例を交えてお話します。

撮影の失敗がないデジタル時代に【撮影を味わう】

ボタンを押せば、簡単に撮影が出来るデジタルカメラ。カメラ初心者でも、状況に合わせたモードを使えば、撮影の失敗がない時代です。

そんなデジタルカメラの魅力なのが、撮影した画像の確認・撮影枚数の増大です。私もこのデジタルカメラの恩恵を受けて撮影を楽しんでいます。

しかし、撮影経験が増えるにしたがって、【1枚1枚の撮影を楽しみたい】とも感じるようになりました。失敗でも消せるから、とりあえず撮影。そんな撮影ではなく、被写体をじっくり見つめての撮影がしたくなりました。被写体をじっくり見つめると、必要となる焦点距離や光の具合、カメラ側の設定が見えてきます。

撮影した写真を楽しむだけでなく、【撮影という行為味わう】のに最適なのがフォクトレンダーノクトン58mmF1.4です。今回は、フォクトレンダーノクトン58mmF1.4で絞り値ごとの撮影した写真を紹介したいと思います。

フォクトレンダーノクトン58mmF1.4が気になる方はチェックしてみて下さい。

ノククトン58mmF1.4

フォクトレンダーノクトン58mmf1.4の説明

フォクトレンダーノクトン58mmf1.4は単焦点レンズ。ズーム機能はありません。なので、自分で動いて構図を作る必要があります。最初の頃はそれが難しかった。

58mmって思っているよりも、寄りの構図になるんですよね。

あ!いいな、と思ってレンズを向けると近づきすぎ、なんて事がしょっちゅうでした。

でも、ようやく58mmの目が出来てきて気づいたのですが、58mmって被写体と背景のバランスが丁度良くて日常で使いやすいんです。

背景を程よくボカす事が出来るので、その場の雰囲気を写し込んだまま、被写体を活かせる焦点距離です。

また、ハマった時の描写は最高です。

絞りで様々な表情を見せるフォクトレンダーノクトン58mmf1.4は、自分の思い描いた描写になるように絞り値を選ぶ楽しさがあります。

オートフォーカスはありません。マニュアルフォーカスでピントを合わせます。

そのため、自分で前後に動いてピントを微調整する事もあります。

このひと手間が、妥協のない1枚に仕上げてくれます。

フォクトレンダーノクトン58mmf1.4では、じっくりと被写体に向き合う事が出来ます。てか、それしか出来ません。

気になったモノの構図を考え、動き、レンズを向けて、ピントを合わせ、シャッターを押す。ただ、それだけが楽しいんです。

この撮影という行為を楽しませてくれるレンズが、フォクトレンダーノクトン58mmF1.4なのです。

フォクトレンダーノクトン58mmF1.4の絞り値別作例

F1.4で撮影

フォクトレンダーノクトン58mmで撮影

誰もが憧れる絞り値F1.4。

F1.4では、フワフワした描写。開放からシャープな写りなんてさせません。

もう、必死にピントを合わせても、合っていないような写真のオンパレード。

背景もピントの直ぐ後からトロけてしまいます。

この個性的な描写を味わうために、このレンズを買うのは全然ありです。

F1.8で撮影

開放では、フワフワした描写でしたが、F1.8では優しい描写へ変化します。

ボケを生かした撮影なら、F1.8で楽しんで見て下さい。

F2で撮影

開放絞りから一段絞ったF2。

一段絞った事により、描写が安定しています。

背景のボケ具合も丁度よく、被写体を浮かび上がらせてくれます。

私がこのレンズで最も活用する絞り値かも。

F2.4で撮影

被写体と前後のボケを生かすため、F2よりも少し絞り込んで撮影しました。

葉の輪郭が分かるように絞りを調整して、マニュアルレンズの楽しさを感じながら撮影できました。

この前後のボケ感が出たのは、F2でもなく、F2.8でもなく、F2.4でした。

F2.8で撮影

 

マクロレンズでも多い、絞り値F2.8。

開放から二段絞ったF2.8は、少しクセが感じられず、使わない事が多い絞り値。

私にとっては中途半端な絞り値といったところ。

F3.3で撮影

 

F3.5で撮影

F4で撮影

 

質感を出したいけど、明るさも欲しい場合に使用するF4。

F5で撮影

F5.6で撮影

スナップ撮影に最適なF5.6。

被写体深度と光量のバランスがいいので、スナップ撮影時に使用しています。

F5.6で手振れしないシャッタースピードをISO感度で調整して撮影しています。

F8で撮影

質感番長のF8。

F5.6~F8は本当にいい質感を出してくれます。

見たままの質感を味わえる楽しみ。

F8では手振れする確立が上がるので、三脚を使用して撮影しています。

構図を決め、質感を最も表現出来る部分を探し、シャッターを切る。

58mmで三脚使うなんて、おかしいなんて言わないで下さい。

じっくりと撮影する楽しみがこのレンズにはあるのです。

F16で撮影

とにかく、被写体深度を稼ぎたい、背景も写したい。

絞込み過ぎているのは分かっているんです。

でも、絞りたい。

背景を見せるための絞り、それがこのレンズの最小絞りF16。

まとめ

いかがだったでしょうか?

フォクトレンダーノクトン58mmF1.4は、絞り値で全く別の表情を見せてくれるレンズである事が、お分かりいただけたと思います。

作例が、フォクトレンダーノクトン58mmF1.4の購入を考えている方の参考になれば幸いです。
ノクトン58mmF1.4