ボディ

自作赤外線カメラについて

赤外線電球

カメラは光をとらえる機械です。

朝の淡い赤や夏の爽快な青など、自然は複雑な色で溢れています。

(私はアゲハチョウの幼虫の深い緑色が好きです。)

自然に限らず、私たちは常に色に囲まれた生活をしているので意識する事がありませんが、「色」はあるのが当たり前ではありません。

色覚を持たない動物もいます。

ヒトと動物や昆虫とでは、見えている世界が違う事は有名ですね。

イヌは赤色が見えず、ハチは紫外線が見えています。

つまり、私たちが見ている光は、ほんの一部でしかないのです。

光には目に見えない部分が多く、私たちが見ている色は、光の「可視光」と呼ばれる範囲だけです。

有名な「紫外線」や「赤外線」を見る事は出来ません。

常に太陽から降り注いでいるのに見えないのです。

しかし、「見れない」と言われると気になるのが、私。

今はインターネットで検索すれば、どんな画像も見れる時代です。

しかし、どうせなら自分の目で見て、感じてみたい。

そんな思いから、赤外線を見るカメラを自作する事にしました。

赤外線カメラの勉強

赤外線と撮像素子

赤外線改造カメラ

デジタルカメラに搭載されている撮像素子は、赤外線も受光する特徴をもっています。

ではなぜ、デジタルカメラで赤外線を感じられないかと言うと。

ヒトの目で認識出来ない赤外線はカメラ内部でカットされているからです。

赤外線のように、目には見えない光も含めて、写真をつくると、私たちの見ている景色とは違った状態になってしまいます。

色のバランスも崩れるので、写真としては使えません。

そこで、見えているままを写すため、光から余分な情報を除いています。

必要な可視光だけを使って、写真をつくるように設計されているのです。

赤外線を除外しているのは

ローパスフィルター
デジタルカメラで赤外線を除外している装置が、「赤外吸収ガラス」です。

赤外吸収ガラスは撮像素子の前に付けられている部品で、光から赤外線を除いています。

しかし赤外吸収ガラスは、ローパスフィルターと呼ばれるガラスで挟んでいる場合が多く、赤外吸収ガラスとローパスフィルターはセットで考えて問題ありません。

赤外線を受光出来るカメラか調べる

GRデジタル4を赤外線カメラに改造
赤外線撮影をするには、赤外吸収ガラスを外す必要があります。

つまり、改造です。

当然、普通の撮影用カメラにはなりません。

改造途中で壊れる可能性もあります。

そこで改造の前に、赤外線が受光されているカメラか調べる必要があります。

テレビリモコンを使う

赤外線ライト
テレビのリモコンの通信は近赤外線を利用しています。

そこで、リモコンの赤外線を使って改造するカメラの赤外線感度を確認します。

リモコンで使われている近赤外線は、赤色の波長に近いので、赤外吸収ガラスがついたままのデジタルカメラでも、若干受光するはずです。

方法は、デジタルカメラを液晶モニター状態にして、カメラ前にリモコンを置き、リモコンのボタンを押すだけです。

すると、紫色の明かりがついたはずです。

その紫色で表現されたのが、近赤外線です。

この方法で紫色が確認できたカメラなら、赤外線撮影に使用が出来ます。

スマフォのカメラでも、リモコンの赤外線を確認出来るので試して見て下さい。

赤外線カメラにする前に

赤外線改造カメラ
赤外線は可視光よりも、波長が長いのが特徴です。

通常、デジタルカメラは可視光で使うように設計されていますので、AFも可視光用です。

赤外線改造では可視光を遮断するので、撮像素子まで可視光が届きません。

可視光が届かないと、AFで使っていた可視光も足りなくなるので、AFが使えなくなります。

AFが効かないとピンボケ写真しか撮れなくなってしまうので、MF操作が可能なデジタルカメラを選ぶのがポイントです。

まとめ

目には感じれない赤外線カメラ。

赤外線撮影にチャレンジする前に大切なポイントが2つ

①テレビリモコンの近赤外線を受光出来るか。

②マニュアルフォーカスが可能か

この2つのポイントが、赤外線撮影を楽しむには大切になります。